胃と十二指腸の機能と働き

胃と十二指腸の機能と働き

ベストケンコー

胃は、お腹のやや左側に存在する消化器です。通常はそら豆のような形をしていますが、食物が送り込まれること、体の姿勢によってその形は大きく変化します。

 

胃と食道のつなぎ目を噴門。胃と十二指腸のつなぎ目を幽門と呼びます。胃の中に入液がたまっており、消化を助ける働きがあります。食事の際の飲み物などは、胃からそのまま十二指腸に流れていきますが、食べ物はある程度消化してから十二指腸に送り出されるようになっています。

 

胃に入ってきた食物は一時的に胃の中で保管されますが、ただ保管されるのではなく腸で行われる九州がされやすい状態に食物を胃液と混ぜてこねます。その際に少しづつ十二指腸に送られていき、その働きは腸の負担を軽減する働きを担っています。

 

十二指腸は、指を横に並べた十二本分の長さがあることからその名前がつきました。十二指腸に到着した食物は、十二指腸内で様々な酵素と組み合わさり、より消化しやすい状態にされます。

 

十二指腸は短い期間なので、胃のようにすりつぶしたりする働きはありませんが、この酵素がなくなると、正常な消化吸収を行うことができなくなるので、健康に大きな影響が出ます。

 

十二指腸で排出される酵素は、胆汁や膵液などが挙げられます。


このページの先頭へ戻る